logo
logo
  • レート戦
    レート戦
  • ランキング
    ランキング
  • 統計情報
    統計情報
  • みんなの日記
    みんなの日記
  • みんなの記事
    みんなの記事
  • キャラ一覧
    キャラ一覧
  • 公開データ
    公開データ
  • 大会を開く
    大会を開く
  • 使い方
    使い方
icon

グラマスで最速オールUGまでの軌跡

5
character icon
おりばー(KNJ)公開日: 2023年02月27日 08:19
カテゴリー: シナリオ考察 / 攻略
シナリオ: グランドマスターズ
育成ウマ娘:
5ツイート

普段は「うまっちんぐ!」開発をしてる おりばー です。

今回、グラマスシナリオがリリースされてから約17時間ほどでオールUGを達成しました。

本記事では、オールUG達成までに意識したことを記していこうと思います。

また、配信の様子は全て動画に残っているので、興味がある人はぜひ動画で育成の雰囲気を感じ取ってもらえればと思います。

※ なおオールUG達成に際して、まだ初日リリースであることと、私が配信中に攻略情報を得られなかった都合、育成の練度が未熟であり、最適解は今後別の形になっていくと予想していますので、あくまで今回のオールUGの軌跡をガチ育成の参考にするというよりかは、「こんな感じで上振れるとオールUGいくんだな」くらいなテンションで読んでいただけますと幸いです。

おすすめの攻略記事はこちら👇

https://ogatetsu.shop/entry/2023/02/27/grandmasters-cheet-sheet

今回採用した編成について

私が昔から根性育成を愛用しており、新シナリオリリース時には毎回根性育成で長時間配信をしています。今回もその例に違わず、根賢育成を採用しました。

根賢育成は過去の経験から、とにかくスタミナとパワーが不足します。理由はスピードは根性と賢さで上がりますが、パワーは根性でしか上がらない、スタミナに限っては上げる手段がかなり限られてしまうからです。

なので、スタミナに関しては青因子18個積み、以下のようにパワーカードを1枚入れる編成としました。

賢さカードは新シナリオで初登場となったメジロラモーヌ、そして賢さを2枚入れる都合、上振れた場合に賢さが溢れるのが勿体無いため、スピード性能が高い賢セイウンスカイを採用しました。

根性カードは3枚入れる都合、根性が溢れる前提であるため、スピードボーナスパワーボーナスがあるキャラを中心に組み立てました。特にメジロパーマーはイベントでスタミナをくれるのもポイントが高いです。

今回特例での採用となったパワーカードはナリタブライアンです。このカードはスタミナボーナスがとても優秀であり、パワーを踏んでスタミナを上げるのに大変役立ちます。この育成に限らず、スタミナを上げたいがスタミナカードを採用したくない場合はぜひ検討してみてください。

リリースされてからは「玉座入り」の編成が流行し、みんな玉座を入れて育成をしている形でした。ですが今回の私の編成では玉座を採用していません。そのため、玉座を入れてる場合との立ち回り方とは少し毛色の違う育成となっているのも注目ポイントでしょう。

ジュニア級での立ち回り

オールUGのようなステータス盛育成では、序盤の上振れが重要です。なぜなら、単純にステータスの総量が必要な育成なので、前半にある程度盛りきれないと後半上振れてもステータスが間に合わないからです。そのくらいシビアな育成だと思っていただければ良いです。

実際、私は17時間の配信の中でジュニア期の初めに黄色叡智を取得し、3ターン以内に3人タッグ以上を引かなければリセットという地獄の厳選配信をしてました。流石に辛すぎて途中でこの作戦はやめましたが、そのくらいステータス盛り育成は序盤が重要だということです。

ステ盛り育成は、基本的に叡智は青色ではなく黄色を意識します。青色はトレーニング効果アップのために1回取得する程度で良いと思います。

特にヒントに関してはステ盛り育成では全く必要ではないので、可能であれば青は序盤でLv.1にしてしまうのが良いでしょう。諸説ありますが、Lv.0でも問題ないと極論思っているくらいです。

今回の達成動画ではジュニア級の特別レースで赤叡智を使用することができませんでしたが、理想は初回に黄色叡智でデカいタッグを引きつつ、2回目も黄色でデカいタッグ or 青叡智、3回目を赤にして特別レースに挑むことです。ここがピッタリはまると、ジュニア級は上振れていると言っても過言ではないでしょう。

なお、絆も重要なポイントの一つなので、叡智に気を取られて絆が全然上がってないという状況は避けるようにしましょう。

ジュニア級終了時点の目標ステータスは「D+, C, D+, D+, D+」です。二ヶ所Cを達成してたらだいぶ上振れていると思います。今回の育成動画は黄色のデカいタッグをジュニア級で引けていなかったため、控えめなステにはなっているものの、及第点なステータスではありました。

クラシック級での立ち回り

クラシック級では初回の因子継承が待ち構えています。今回はスタミナ因子を18、シナリオ因子をモリモリ積んでいますので、理想は150ステアップしてくれると上振れを引いたことになります。

シナリオ因子が出ない場合でも最低は120ほどはアップして欲しいので、そのくらいな数字感を意識するようにしましょう。ちなみに今回の育成では、スタミナ+128でした。

クラシック級以降は、効率的に叡智をとっていくパターンが現在の攻略では挙げられていますが、私がこの時に取っていた作戦はとにかく黄色叡智で大規模タッグを狙うことです。今回の育成では玉座を入れていないので、青を取得するのはなるべく避けました。

合宿に入る前にオールC(スタミナはB付近)を意識すると良いでしょう。ステ盛り育成はとにかくステータスの偏りをなくし、均等にステータスを上げていくことが重要となります。後半になればなるほど、極端に足りてないステータスを調整するのが難しくなってくるためです。可能であれば、スタミナ以外は均等に上げることを意識しましょう。

今回の合宿では、あまり大きなタッグが引けず、下ぶれているように見えていたと思いますが、実際はパワー練習を複数回踏んで、足りないステータスを補ていたのでギリセーフといった感じでした。ですが、前半上振れていた賢さ練習が全然光らなくなって、不安になっていた気持ちもありました。

合宿後は、12月末の特別レースに向けて赤の叡智を意識していきます。今回の育成では1ターン足らず間に合いませんでしたが、ここでのレスボは無視できないくらい恩恵があるので、可能なら狙うのが良いでしょう。

クラシック級終了時点での目標はオールB(スタミナはB+)です。ここのステータスでリセットをするかの判断をよくしています。ステ盛り育成は前半と後半の両方上振れなきゃ達成できないので、基本的に前半の下振れを後半の上振れでカバーするのが難しいです。今回のステータスは賢さが不安だったものの、他のステータス水準は及第点だったので、続行しています。

シニア級での立ち回り

シニア級は基本的に足りてないステータスを意識しつつ、大きいタッグを狙っていきます。今回の育成では賢さが特に足りてなかったので、とても意識しています。

実際、ここで数ターン叡智をガチホしています。理由は欠片に賢さボーナスが偏っており、1人タッグでもかなりの賢さが貰えるからです。こういった調整を瞬時に判断できるかが、育成のポイントになってくるでしょう。

数ターン賢さを踏み、B+まで巻き返せたのはだいぶ上振れていたと思います。思考停止で叡智を使っていたらオールUGは達成できていなかったでしょう。ローテに縛られないことも時には重要だということを理解しましょう。

このあと無事にスピードに3人集まり、ここで黄色叡智を利用しました。完璧な流れでした。

シニア級は特に細かくステータス調整が必要です。因子継承直後の理想ステはオールA(スタミナはA+)です。今回の育成ではスタミナとパワーが多少凹んでいて不安だったものの、他は理想に近い非常に高い水準でした。

ここからはとにかく足りてないステータスを意識していきます。どれだけパワータッグを引けるのかどうか、そして賢さをいつUG確定とさせるかを中心に逆算して練習を踏んでいきます。

今回の育成ではとても運が良く、合宿前に賢さ2人タッグを引くことができたので、中盤ぐらいに抱えていた賢さの不安は解消されました。

最後の合宿を超えたタイミングでオールA+(スタミナはS)に達成していたら、かなり上振れており、オールUGを達成できる確率が高くなっています。今回は合宿で大きいパワータッグと賢さタッグを踏めたことも幸いしました。

ここまで来たら、あとは足りてないステータスをいかに回収できるかどうかです。今回の育成ではやはりパワーが不足気味でしたので、ひたすらパワーがくることをお祈りしていました。

また、早いタイミングで賢さをUG確定しきっていたこともポイントの一つです。確定しきったあとは当たり前ですが、鋼の意志で賢さ練習はガン無視です。

12月末の特別レースに赤叡智を合わせるのも非常に重要です。ここでのステUPはとにかく美味しいので、可能であれば意識するようにしましょう。(だからといって赤叡智を意識しすぎて美味しい練習を無視してしまわないようにしましょう)

12月の特別レースを超えた後の理想ステータスはオールSSです。最後にステータスを70ずつもらえるとすると、5ターンでそれぞれのステータスを30ずつ(合計150)上げるだけです。この時点でオールSSに近い形になっている育成ができている人はとても調整が上手いです。

私の場合はパワーがやはり凹んでいました。なので最後はパワーをとにかく祈り、掴みました。

また、一番最後のレースで赤叡智を意識しておくと良いでしょう。今回の育成では偶然赤叡智を発動することが出来たのでラッキーでした。そんなこんなで、オールUGを達成しました。

終わりに

今回の育成では玉座なしでオールUGを達成しました。玉座を使用している場合は青叡智で情熱ゾーン発生の確率がとても高いので、立ち回り方がガラッと変わります。私は根性育成が好きだったので今回の編成で挑みましたが、デッキが揃わない人は玉座を入れて、他のサポカを自由にする方が可能性が高いかも知れません。

ここら辺のグラマスに対する育成の温度感は今後攻略最前線勢が最適解を見つけてくれることでしょう。

ともあれ、久々にプレイヤーとしてオールUGという大台を17時間ほどで初めて達成できたことは大変嬉しいです。外の攻略情報をほぼ見ずに練度の高い育成ができたことは大変センスが良かったと思っています。

チャンミ育成とは全く頭の使い方の異なるステータス盛り育成ですが、もしチャレンジしてみたい人がいましたら、参考にしてみてください。

また、TwitterのDMなども解放していますので、お気軽にご相談いただいても構いません。

最後になりますが、今回の育成は全て配信に残っています。また、切り抜き動画も公開していますので良かったらご覧ください。ありがとうございました。

character icon

おりばー(KNJ)

ID: 940 403 391
所属: きたちゃんぶらっく